2015-01-26

シャンプーとリンス③ 「アイテム編」

*シャンプー*



今のお気に入りはこちら♪
ココナッツオイルと、スイートアーモンドオイルがメインの手作り液体せっけんシャンプー
ほんのりイエローの透明なリキッドソープで、
仕上がりはややしっとり

ポンプを押すと泡が出てくるタイプのボトルに入れています。
普通のポンプでもいいんだけど、液はサラサラなのでこぼれるともったいない。
添加物を入れて、とろみをつけることもできるけど、
わざわざ化学物質を入れたくない。
というわけで、このボトルにしました。快適♪

私は液体派ですが、髪の状態や気分で固形せっけんも使います。
その場合は、ネットでモコモコにあわ立ててから洗います。



市販品の場合
自分で使ってみた中で、2社ほどご紹介します。
これ以外にも市販のものはいっぱいあると思います。

米国オーガニック認証、動物実験を行わないなど、環境に配慮した製品。
1本で髪・顔・体を洗えるというところが私のスキなポイント。
液体も固形もあります。
ロフト、ハンズ、雑貨屋さんで見かけました。


こちらも、米国オーガニック認証、動物実験を行わないなど、環境に配慮した製品。
こちらは髪用と体用は別です。
洗い心地よく、仕上がりもほどよくしっとりサラサラでした。
百貨店で買いました。

*リンス*



リンスはクエン酸を使用
(スーパーの洗剤コーナーで買いました)

アルカリ性の石けんを使うと髪のキューティクルが開きます。
これを素早く閉じてくれるのが酸性の液体と言われています。

クエン酸をひとつまみ、洗面器にいれてお湯をはり、髪を浸し、お湯でそそぎます。
(クエン酸を、酢大さじ1~2に置換えてもOK)

*香りのアレンジいろいろ*

●クエン酸はクセが少ないので、
使うときにエッセンシャルオイルを1,2滴入れて
好きな香りのリンスにできます。

●フレッシュなローズマリーの枝を入れておくといい香りが移って、
毎回香りをつけなくてもよくて、お手軽かな?
ローズマリーは美髪、髪のコシに良いといわれています。

●お酢なら、フランボワーズとかリンゴ酢もフルーティーでよいかも♪
ハーブを漬け込んで、有効成分を抽出するのも楽しそう。


ちなみに、私は米酢でリンスしたことがあります。
洗面器からたちのぼる、The 酢 の香り・・・
でも、大丈夫、お酢の香りはほとんど残りませんでした。笑


以上でシャンプーとリンスについてのご紹介はひとまず終了です!
夏になったら、これらとはまた違う、
サッパリシャンプーをご紹介できたらなーと思います。


SMILE


シャンプーとリンス② 「実践編」

☆ ご注意 ☆


ご紹介するのは、私の個人的に行っているものです。
(ちなみに私はパーマ・カラーなしの、ストレートヘアです。)

パーマやカラー、スタイリング剤の使用有無、髪質によって
個人差は大きいと思われます。
パーマがとれたり、カラーが変色したりの可能性もあるかもしれません。
実践についてはご自身のご判断におまかせします。


せっけんシャンプー実践編♪

①ブラッシング

髪を傷めず、汚れを落としやすくするためにも大事なポイントです。
めんどくさいポイントでもあります・・・
でも、やるとやらないとでは仕上がりに差を実感します!

②お湯で洗う

指の腹で頭皮を洗う感じで。
これでほとんどの汚れは落ちるみたいです。

③せっけんシャンプー

細かい泡がぶくぶく・・・が目標です!
(最初は石油系・合成系の物質が張り付いていて泡立ちを邪魔されます
ここは2,3日~半月ほどガマンかもです)

④しっかりすすぐ

念入りにすすぎます。
長い人は髪をめくって、しっかりすすぎます。
せっけんが残っているとべたつきや痒みの原因になります。

⑤リンス

クエン酸ひとつまみ(または酢大さじ1~2)を
お湯をためた洗面器に入れ、髪を浸し髪全体になじませたらすすぐ。

⑥しっかり乾かす

乾燥やダメージを感じたら、乾かす前に
椿オイルを数滴馴染ませても良いと思います。


以上です♪ ・・・が、


実は、せっけんシャンプー、毎日はしません。


えっ?!(きたなーい!)


・・・という声が聞こえてきそう??笑

一日お家にいる日は ②お湯ですすぐ までとか、
あまり汗をかかなかったり、埃っぽいところにいかなかった日は
せっけんシャンプーはしないけど、リンスはする、
というように、シャンプーをしないこともあるのです。
ガッツリセットした日は、もちろんシッカリ洗います。

ご参考まで、平均的な私のシャンプー周期はこんな感じ。

シャンプー・リンス → リンス →  シャンプー・リンス → リンス ・・・

基本はこれで、運動したらシャンプーが続いたり、
のんびりした日はリンスしなかったりと変化します。

今日はここまで必要かな・・・というのは、自分の感覚で決めています。
もちろん毎日せっけんシャンプーしてもいいと思います。
この、毎日シャンプーしなくても気持ち悪くない感覚は、
市販のケミカルなものを使用していたときには感じなかったなぁ。


次回は、実際に私が使用しているものと、
市販品をすこしご紹介します。




シャンプーとリンス① 「せっけんシャンプー?」


やはりというか、なんというか、「せっけんシャンプー」してます。


せっけんシャンプーにチャレンジされたことのある方の中には、
ギシギシする・・・とか、ベトベトする・・・とかいうご経験が
おありの方もいらっしゃるのでは?と思います。
というのは、かくいう私も市販のもので、何度も挫折をしてきたからです!笑


でも、今はとっても快適。せっけんシャンプーでサラサラです。


ここでちょこっと私のせっけんシャンプー歴のご紹介
せっけんを作り出してからも、しばらくシャンプーとリンスは市販のものを使っていました。
でもある日、なんだかコーティングされている感が気持ち悪くなり、
皮膚ってつながっているけど、もしシャンプーで顔も体も洗うことを想像すると・・・
イヤかも。

でも、何で洗えばいいの・・・?

なんとなくシャンプーとリンスは買うもの、と思っていた私は、
市販の植物性とか、オーガニックなるものをいろいろ試してみました。
でも、前述のような状態で自分に合うものに出会えず。。。
最終的には、手作りに落ち着きました。

手作りは好きなようにカスタムできるのがいいところですが、
なかなか、せっけん作りってマイナーだし、
何が自分にあってるのか、って、いきなりわからないですよね。
でも、今になって思うことは、

石鹸シャンプーの一番のポイントは手順と洗い方だったなぁと思います。



次回、実践編で詳しくお伝えします!


2015-01-05

手作りせっけんと自然


せっけんの材料は、油、水酸化ナトリウム、水、この3つで作っています。
とってもシンプル

油によって泡立ちに変化があったり
エッセンシャルオイルで香りをつけたり
米ぬかでスクラブ感をつけたりします


防腐剤・合成香料、すべて無添加の植物性100%のせっけんは、
せっけんカスも海や川にかえりやすく、
せっけんカスは成分を変え、小魚のえさにもなるそうです。


日々の生活の中で、
手洗い、食器用洗剤、洗濯、シャンプー、ボディソープ
けっこう”洗うこと”って多いなぁーと思います。
そしてすべて流れていきます・・・どこかに・・・
そして、分解されるまで存在している。


できることからちょっとずつ。
自然と仲良く暮らしたいなぁと思うのです。

Smile


はじめまして

はじめまして 

「haruka labo」 の、harukaです。

harukaの”手作りせっけん” ”きもの” ”ベジタリアンライフ”を発信します。

よろしくおねがいします。